「冷蔵庫を処分する際の料金相場について詳しく知りたい」

「冷蔵庫を処分する方法がよくわからない」

「冷蔵庫を処分する際に知っておいた方がよいポイントを教えてほしい」

このような冷蔵庫の処分料金相場について知りたい人向けに、冷蔵庫の処分方法と処分料金について、解説していきます。

冷蔵庫を処分する際に知っておくべきポイントについてもご紹介しますので、参考にしてください。

冷蔵庫の処分方法6選

まずは、冷蔵庫の処分方法について6つご紹介します。手間をかけずに処分したい方は、不用品回収業者に回収してもらうのが特にオススメです。

不用品回収業者に回収してもらう

1つ目は、「不用品回収業者に回収してもらう」です。料金を払えば自宅まで回収に来てくれるため、手間をかけずに処分できます。日時指定や即日回収に対応してくれることもありますので、業者に連絡する際に問い合わせてみましょう。

ただし、業者選びは慎重に行う必要があります。冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目であり、通常はリサイクル料金がかかります。にもかかわらず、「無料で回収します」という業者も存在しており、そのような業者はやめておいた方が無難です。回収後に不法投棄されたり、高額な料金を請求されたりする場合があります。

見分けるポイントは、「一般廃棄物処理業」の許可を持っているかどうかです。一般家庭の不用品を回収できるのは、この許可を持つ業者のみのため、ホームページなどで確認するとよいでしょう。

家電量販店などに引き取ってもらう

2つ目は、「家電量販店などに引き取ってもらう」です。買い替えの場合と処分のみの場合で、少し対応が異なります。

買い替えの場合

新しい商品を購入するお店に引取義務があります。購入時、または購入後に引き取りを依頼しましょう。

処分のみの場合

商品を販売したお店に引取義務があります。商品を購入したお店に引き取りを依頼しましょう。家まで引き取りに来てもらう場合、別途出張費がかかるため、意外と高くつく場合があります。

市区町村に処分方法を確認する

3つ目は、「市区町村に処分方法を確認する」です。

  • 冷蔵庫を購入したお店がなくなってしまった
  • 引っ越しなどで購入したお店が遠くなってしまった
  • どこで購入したか忘れてしまった
  • 購入したのではなく、人からもらった
  • 通信販売で購入した

このように、お店に引き取ってもらうのが難しい場合は、市区町村に処分方法を問い合わせてみましょう。処分方法や引き取り業者を紹介してくれたり、自治体によっては代行で引き取ってくれたりします。市区町村のウェブサイトに、詳しい処分方法が掲載されていることもありますよ。

安く済ませるなら…指定取引場所に持ち込む

4つ目は、「指定取引場所に持ち込む」です。リサイクル家電は一般のゴミ回収では捨てることができませんが、自分で所定の場所へ持ち込んで処分することは可能です。運搬料金が不要となるため、安く処分できます。

  1. 郵便局・ゆうちょ銀行で家電リサイクル券を入手して、リサイクル料金を支払う
  2. 全国にある「指定取引場所」へ、家電リサイクル券と廃棄する家電を自分で持ち込む

指定取引場所は、家電製品協会の「指定取引場所検索」や市区町村のウェブサイトなどで確認しましょう。

お金にかわるかも?リサイクルショップに引き取ってもらう

5つ目は、「リサイクルショップに引き取ってもらう」です。コンディションや性能などにもよりますが、まだ使えるものであれば、値段がつく可能性があります。特に、年式の新しいものや人気のシリーズなら期待が持てるでしょう。

買い取ってもらうことができれば、処分料金がかからないばかりか、臨時収入を得られます。出張買取に対応しているショップもあるので、問い合わせてみましょう。

ネットオークションやフリマアプリに出品する

6つ目は、「ネットオークションやフリマアプリに出品する」です。こちらも、うまくいけば臨時収入につながります。リサイクルショップで買い取ってもらえない場合でも、あきらめるのはまだ早いです。

「こんなものを買う人がいるの?」

というものでも、不思議と買い手がつくことがありますよね。ただし、後からトラブルにならないよう、以下のことに注意しましょう。

  • 配送料金をどちらが負担するか事前に決めておく
  • 商品の状態などを詳しく書いておく

冷蔵庫の処分料金解説!

ご紹介した処分方法のうち、処分料金が発生するものについて解説していきます。

発生する費用は、以下のとおりです。いずれの方法でも、家電リサイクル法によりリサイクル料金は必ず発生します。

処分方法リサイクル料金運搬料金(170L以下)備考
不用品回収業者必要5,000円前後吊り作業など特殊作業が必要な場合は別料金
家電量販店必要1,500円前後処分のみの場合は、出張費3,000円程度が必要
自分で持ち込む必要不要

家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)とは、一般家庭や事務所から排出された家電製品から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

対象の家電製品

  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

リサイクル料金の詳細は、家電製品協会のウェブサイトで確認できます。冷蔵庫のリサイクル料金の目安は、170リットル以下で3,740円程度、171リットル以上で4,730円程度です。

運搬料金については、複数の不用品回収業者を一括で比較できるウェブサイトを活用するとよいでしょう。家電量販店の場合は、お店で直接聞いてみるか、各社のウェブサイトで確認しましょう。

冷蔵庫処分時に知っておくべきポイント!

冷蔵庫処分時に知っておくべきポイントを、2つご紹介します。

冷蔵庫を高く買い取ってもらう方法

リサイクルショップで冷蔵庫を高く買い取ってもらうためには、以下のことに気をつけましょう。

  • きれいに掃除する
  • できるだけ新しいうちに売る
  • 値段が高くなる時期(夏のはじめ)を狙う
  • 複数の品を売る(抱き合わせ)
  • 自分で持ち込む

冷蔵庫の買取価格は、メーカーや型番、使用年数などで決まりますが、見た目のきれいさも重要なポイントです。しっかりと掃除をして、ピカピカにしましょう。

また、冷蔵庫の需要が高まる時期=暑くなって壊れやすくなる時期には、値段が高くなる傾向にあります。そのほか、出張買取ではなく、自分でお店に持ち込むことによって、運搬料金がかからない分の査定アップが期待できます。

冷蔵庫を処分した後もリサイクル券を大切に保管する

後からトラブルに巻き込まれるのを避けるためにも、冷蔵庫を処分した後もリサイクル券を大切に保管しておきましょう。

家電製品協会のウェブサイトから、処分した冷蔵庫がきちんと処理されているかどうかを確認できます。その際に、リサイクル券に記載された番号が必要となるためです。

冷蔵庫の処分料金まとめ!

いかがでしたか?この記事では、以下のことについてご紹介しました。

  • 冷蔵庫の処分方法
  • 冷蔵庫の処分料金
  • 冷蔵庫処分時に知っておくべきポイント!

冷蔵庫を処分する際は、これらのポイントを押さえておくとよいでしょう。不用品回収業者に回収してもらうと、あまり手間をかけずに処分できるので特にオススメですよ!